『格差と貧困』-社会はマシュマロを食べた数で見えてくる-

 

あなたはマシュマロって好きですか?

僕はコンビニで売っているチョコ入りのマシュマロが好きで、あれなら無限に食べられるなって思っています。まぁ、実際には1袋くらいで「しばらくいいや・・」ってなりますけど。

さて、そのマシュマロをテーマにした心理実験があります。有名な『マシュマロ実験』です。

ものすごく簡単に、なおかつ乱暴に言うと「子どもの頃から自分をコントロールでき、誘惑に打ち勝つことができる子は、その資質を活かして、将来的にも成功する確率が高い」というような結果を打ち出した実験です。

しかし、再調査するともっと絶望的な結果となったのです・・。

 

ちなみに最初の実験の内容はこちら。

マシュマロ実験は1960年代後半から1970年代前半にかけてスタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェル氏が実施したもので、マシュマロを使って子どもたちの自制心と将来の社会的成果の関連性を測ることを目的としていました。

スタンフォード大学で行われたマシュマロ実験には4歳の子どもたち186人が被験者として参加し、子どもたちは一人ずつ、マシュマロ1個と机とイスだけがある部屋に通されました。実験者は「私が帰ってくるまでの15分の間、マシュマロを食べるのをがまんしたら、マシュマロをもう1つあげる」と子どもたちに告げて部屋を去り、その後の子どもたちの行動を観察。

その結果、実験者が戻ってくるまでがまんをし通して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは3分の1ほどで、追跡調査の結果、マシュマロを食べなかったグループは後の人生で優秀だと評価されたことが判明しました。マシュマロを食べた子どもと最後まで食べなかった子どもでは、大学進学適性試験(SAT)の点数が、トータルスコアで210点も異なることも判明しています。

 

ところが先ほども言いましたが、再実験や再調査によって「違うのではないか?」ということになっています。

しかも、ここ最近の色々な研究で同様の結果になっているものも多数あり、例えば「天才」「才能」「学力」という分野でも似たような結論になっています。

それが「影響があるのは親の経済力」という結論です。

もちろん、これが全てではないですし、あくまでも一側面でしかないですが、統計的に見ると「生まれた場所で7~8割は決まる」というのが共通認識になりつつあります。

あと、この結論自体は「条件と確率」の話をしているだけなので、これで「その人の人生や人としての価値が決まるとは言っていない」ということだけは先に伝えておきます。

 

 

■我慢や忍耐と成功に関連性はない?


 

マシュマロ実験の再調査でわかったことは大きく分けて2つあります。

・マシュマロを2個取った人は裕福な子どもが多い
・マシュマロを1個取った人は貧しく不安定な家庭の子どもが多い

という事実。

 

そして、前者は「我慢したらその我慢を称えられるし、約束はきちんとも守られててちゃんと報酬が渡される」という経験をしている。

逆に後者は「我慢して約束を守ったのに、その約束は反故されて手に入らない」という経験をしている。

つまり、お互いが過去の経験を通して「どうすれば一番、自分にとって得か?」というのを考えて行動した結果でしかなく、その選択や発想を生み出したのは「本人ではなく環境」だったというのです。

もちろん、マシュマロが嫌いという子もいるでしょう。その子からすればマシュマロはご褒美でもなんでもないので、我慢とか忍耐とかとは関係のない世界にいるはずです。

でも、これが例えば「ご飯」とか「お金」にして対象の年齢も変えてみると、また見方が変わるかもしれません。

 

 

例えば、メルマガ読者さんだけにプレゼントした『マキシマイザーとサティスファイサー』というレポートの中で、僕はこういうことを言いました。

「突然ですが、僕はどれだけ素敵な言葉を並べても、キレイな言葉を並べても、この世の中は不公平だし、不平等だと思っています。

例えば SNS で「子どもには色々と経験して欲しい。それを無条件に受け取れることで、生きているだけで価値があることを知ってほしい」と思っているという投稿があって、それを見た時に謎の喪失感と倦怠感、そして吐き気に襲われました。

でも、それは仕方がないことなんですよ。

「親も一緒に勉強を楽しむことで自発的に勉強を楽しむ子どもになってくれる」と言う家と、「中学卒業して働けば、俺がラクできる」と言う親がいる家なら、どれだけキレイゴトを言おうがスタートの時点で天と地ほどの格差がある。

遺伝と環境のどちらが人生に大きな影響を与えるかという議論はあるが、どちらにせよ気づいた時点で大きな差となっている。周回遅れならまだかなりマシな方だと思う。」

こういった始まりから、最終的には「どう人生の満足度を上げていくか」という話をしていますが、この部分を読む人が読むと「かわいそうな心の持ち主なのね・・」とか思うかもしれませんね。

「うるさい、黙れ。クソが」って話ですけど(笑)

 

で、僕なんかは実際にそういう経験しているわけです。まぁ、特別な経験というよりかは誰しもが経験していることだとは思いますけど。

例えば、小学校の時に「通信簿の成績が上がってたら欲しいゲーム買ってあげる」とかいう約束をするわけです。多かれ少なかれそういう約束を親としていたはずです。

でも、僕の家は貧乏なのでその時の金銭事情によっては、1個何千円もするゲームソフトを買ってもらえるとは限らないわけです。

というか、僕はもう10歳になるかならないかくらいで「この家は貧乏だし、母親がお金ないのも知っている」と、自分の誕生日プレゼントを放棄した人間ですしね。

 

「我慢したからもらえるとか、成功したからもらえる」という世界とは、全く違う世界に住んでいました。

「自分から全ての可能性を放棄した」と言ってもいいでしょう。とにかく「子どもだから無力なのだ、大人になれば変わるはず」と嵐を過ぎ去るのをただ待っていただけでした。

 

 

■その努力と結果は本当に自分の力なのか?


 

別の視点からもう一例を。

「私はスタンフォード大学に入学を認められてラッキーだと思う。懸命に努力すれば目標を達成することができる」と動画で語っていた中国人の富豪の娘さんがいました。

「努力はきっと報われる」ということを伝えたかったのでしょうが、その後に発覚したのは「大学の入学仲介者に約7億2000万円支払っていた」という事実。

おそらくその娘さんはこの事実を知らなかっただろうし、両親からしても自分達が持っている力をフルに活用して「我が子のために」と行動しただけだと思います。

そして、彼女が勉強を全くしてこなかったわけでもなく、合格するために頑張って勉強してきたのだと思います。だからこそ「努力できることは美しいし、その頑張りは自分に返ってくる」と言いたかったのでしょう。

 

高学歴高収入の方が努力をしてきたのは事実です。凡人の何倍も考え、何倍も行動してきたからこそ、今の地位や立場や収入がある。それは紛れもなく本当のことです。

そして、それを本人が誇りにしたり、自信として持っておくのも、別に問題はありません。

 

 

では、何が問題なのかというと「努力できる環境が用意されている」ということ自体が、下手すれば今の時代ある種の特権になっているということです。

そしてそれを自覚していないと何の悪気もなく、相手を傷つけてしまう。

マシュマロ実験の話や僕の子ども時代の話で言うなら、衣食住に不安がある子どもが何の不自由も心配もない子と同じような心の安定や勉強への取り組みができるのかっていうことなのです。

 

例えば、東京と地方で比べてみましょう。

僕が東京に遊びに行って思うのは「アクセスの良さ」です。

ちょっと電車に乗るだけで、下手すれば徒歩圏内で、大学があり、美術館があり、商業施設やイベント施設がある。

この豊富な選択肢とアクセスの近い環境、クソみたいな人口密度を除けば東京に住むのがベターです。全く持って反論できません。

東京だと「えっ?こんなところに青学あるの?」「マジ、ここに早稲田?」「明治?専修?法政?めっちゃ近くにあるやん」となります。

でも、僕は自分が大学を受けると決めるまで大学生というのを認識していませんでした。だって、周りに大学なんてひとつもないですもん。遠い土地にあるものって認識でしたから。

 

もちろん、近くに合ったからといって誰もがそこに行くというわけではないですけど、それを認識した時にアクセスしやすい環境やサポートがあるかどうかっていうのは、非常に大きいです。

そしてそれは本人の資質をはるかに超えた部分もあるということを、今うまくいっている人は持っておかないとこれからの時代は無駄に敵を作る可能性を高めるだけになると思います。

 

 

■チートを生み出す、3つの要素


 

冒頭のマシュマロ問題のところでも少し触れましたが、現在は「遺伝子×環境×経験」で大半が決まるという見解になっています。

その割合は人によって異なりますが、「環境」と「経験」は親の経済状況で多くが決まります。

そして、それだけ余裕のある生活が送れる稼ぎを作り出せる立派な「遺伝子」を引き継いでいるわけです。

 

僕も30年近く生きているとそういう恵まれたと思ってしまう人はたくさんいます。当人からすると「苦労した」「嫌だった」と感じることも多かったと思いますが。

例えば、親が経営者や医者で「学生時代は無理を言って好きな進路に進ませてもらえた」とか「留学や世界一周に行ってきた」みたいな話を聞くと、内心はイラッとしますよ。

そんなんこっちからしたら、テレビの中の世界でしかないですから。

 

でもね、妬みや嫉みを持って生きるのも違います。

そうはいっても、今から別の家の子どもとしてやり直すなんていうのは不可能です。そんなこと誰に言われなくたってわかっています。

なので、異世界転生モノが流行るわけで。

そして「やってらんねーよなー」と自分に言い聞かせながら、「ちょっとでも前に進むために頑張らないと」「少しでも自分の人生の満足度を高めよう」って思うしかないんですよ。

 

例えば非モテが非モテであり続ける理由は、「生き方を変えないから」なんですね。

もっと言うと「日々の思考や行動、そういった日常レベルを変えようとしない」からずっと非モテなんです。

 

「じゃ、生き方を変えるためにはどうしたらいいのか?」ってことですが、そのヒントの1つとして本文中で紹介していた『マキシマイザーとサティスファイサー』のレポートがあります。

もしこのレポートを読みたい方は下記から期間限定で公開しておきます(なお、特に期間は定めていない模様)

自分が「自覚なき選ばれし者ではない」と思うなら、ぜひ一度手にして読んでみてください

 

→ レポートを読みたい方はこちらをクリック。

※登録後、不定期配信『のでじんメルマガ』に登録されます。

 

Sponsored Link

コメントを残す