オンラインサロンが怪しいのに人気の理由をアニメと実体験で考察してみた

 

オンラインサロンを代表とした『コミュニティビジネス』が数年前から流行っています。

オンラインサロンが始まった当初は「宗教」「胡散臭い」「怪しい」「くだらない」「詐欺商法」「無駄」「入る意味などない」「情弱」と言われていましたが、いまや「時代はまさにコミュニティこそ正義」と言わんばかりの風潮。

ちなみに僕はオンラインサロンなどに関しては「宗教というよりかはファンクラブ」だと思っています。まぁ、ファンの民度によっては「ファンクラブも宗教と変わらない」わけですが。

「オンラインサロンが怪しいのに人気の理由をアニメと実体験で考察してみた」の続きを読む…

『MUSICUS!』の感想 -自己満足と自己批評、その世界の狭間で-

 

どうも、のでじんです。

『OVERDRIVE』の最終作であり、クラウドファンディングで日本記録級の最速1億円突破という偉業を達成した、令和元年注目の1作。

『MUSICUS!(ムジクス・・なんだけどムジカスって読んでしまったのは僕だけではないはず)』というゲームをプレイしました。

圧倒的なシナリオで未だに根強いファンがいる『キラ☆キラ』の後継作であり、実質『キラ☆キラ』の続編ともいえる『DEARDROPS』の流れも汲み、『OVERDRIVE』のロックンロールをテーマにした作品の最終作です。

そのため『キラ☆キラ』や『DEARDROPS』をやっていた方がより「おおっ!」と思う場面が多いですが、やっていなくてもこれらの作品をある程度は追体験できるようなシナリオだなと思いました。

(※そういや『キラ☆キラ』は感想記事書いたけど、『DEARDROPS』は感想記事書いてないや。あれもかなり良かったんだけど、やった直後じゃないと書けないしな)

ちなみに感想から言うと、「あるルートに関しては、何か自分で創造したり、作ったり、表現したり、販売したりしている人間は、絶対にやっとけ!」と思う内容でした。

「『MUSICUS!』の感想 -自己満足と自己批評、その世界の狭間で-」の続きを読む…

【感想】ワールドエンドエコノミカをやれば、もうビジネス書とか読む必要なくなるよ

【2019/11/17 更新】

な、な、な、なんと!

ワールドエンドエコノミカのアニメ化に向けてのクラウドファンディングがスタートしていました。

→ https://camp-fire.jp/projects/view/210039

「【感想】ワールドエンドエコノミカをやれば、もうビジネス書とか読む必要なくなるよ」の続きを読む…